症例写真

症例写真

他院切開後の修正を切らずに

二重術・目頭切開・涙袋 二重、修正 20代 / 女性
施術内容
マイクロメソッド+α法(3点留め)

20代女性
9年前に、他院で二重全切開&目頭切開を受けています。
よく診察すると、意外と癒着&瘢痕が少ない。
今回は、「マイクロメソッド+α法」(3点留め)で修正。

症例写真 術前 マイクロメソッド+α法(3点留め)
Before
症例写真 術後 マイクロメソッド+α法(3点留め)
After
術後1ヶ月
平行型の二重となり、目の開きまで改善。
決して、すべての修正が埋没法で可能な訳ではありません。

札幌院では定番の、「3点留め」で修正しています。
3点のメリットは、戻りにくい&丸い二重ライン etc
腫れを2点と同じにできるなら、3点の方が優れています。
前多 一彦 医師
札幌院 院長
前多 一彦 医師
マイクロメソッド+α法(3点留め)
処置方法 8.0両端針非吸収糸を使用し、極限に緩く縫合し二重を作成。内部処理を工夫することで、皮膚の針穴数は1/2。
リスク・副作用 術後の腫れ、痛み、内出血、後戻り、シスト形成、異物感、ドライアイ症状、眼瞼痙攣。
費用 3点留め 17.5万円(税別)
7月10日より、使用する医療材料などを変更し、価格改定 3点留め 18.5万円(税別)

「マイクロメソッド+α」を
もっと知りたい方はこちら