目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂の美容コラム

美容コラム

気になる目の下のたるみ取り!どんな方法があるの?

目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂
気になる目の下のたるみ取り!どんな方法があるの?
  1. 目の下のたるみはどうしてできるの?
  2. 加齢によるたるみもきれいに治せる
  3. 施術のポイントは?
  4. 目の下のたるみ取りは生活改善も重要

目の下のたるみができると、実際の年齢よりも年を取って見られがちです。しかも、疲れているようにも不健康そうにも見えてしまいますから、たるみをそのままにしておいても得はないと言えるでしょう。


若返りを目指すなら、たるみができる原因を知って、きちんと改善するようにしましょう。


|目の下のたるみはどうしてできるの?


たるみの主な原因は皮膚や筋肉の老化です。皮膚は表皮の下に真皮、またその下に皮下組織という3層構造になっています。また、顔の皮膚の下には脂肪組織や筋肉があります。


皮膚が若いうちはやわらかく弾力があるのに対し、年を取るにつれて硬くなり弾力が失われるのは、3層の皮膚が生まれ変わるサイクルが乱れ、潤いのある状態を保てなくなるからです。中でも、繊維状のコラーゲンやエラスチンのような成分が緩み始めると、真皮をしっかりと支えられなくなり、たるみの原因になります。


網目状の袋に物を入れた場合、新しい状態であれば中身を取り出したときでも元に戻るのに、長く使い続けていると伸びきったまま、戻らなくなります。たるみはまさしくそのような状態が、肌で起きているのと同じことです。


コラーゲンは網目状の繊維で、それをつなぎ合わせる働きをするのがエラスチンですが、それらの成分は年齢が進むとともに細く切れやすくなるため、真皮の重みを支えきれなくなると、たるんでしまいます。また、目の周りの皮膚や筋肉が老化して支える力が弱くなると、眼球の下にある脂肪を支えきれなくなるため、前に突き出した形になり、たるんで見えるようになるのです。


|加齢によるたるみもきれいに治せる


加齢によるたるみもきれいに治せる


加齢によるたるみは、治すことができます。ただし、一般的なコラーゲンドリンクなどを摂取しても、狙った部分には届かないため、目の下のたるみ改善にはなかなか結び付きません。ですから、加齢によるたるみをきちんと治そうと思ったら、美容クリニックでたるみ取りの治療を受けるのがおすすめです。


例えば、くぼみができてたるんだ部分が目立っている場合には、脂肪やヒアルロン酸をくぼんでいる部位に注入する方法が有効です。さらに、効果的な方法としては、目の下の肌そのものを活性化して若返らせる、プレミアムPRP皮膚再生療法もあります。


プレミアムPRP皮膚再生療法とは、患者さん自身の血液から取り出した血小板と、たるみができている部分に不足している成長因子を配合し、濃縮して注入する施術です。肌の老化でたるみ以外の症状が出ている場合でも、老化を根本から治すことができる画期的な方法です。


一方、皮膚のたるみだけでなく、目の下の脂肪が前に突き出してたるみになっている場合には、経結膜下脱脂法(けいけつまくかだっしほう)で余分な脂肪を取り除いてたるみを解消します。たるみが大きい場合には、たるんだ部分の皮膚を取り除き、下まつ毛の付け根部分で目立たないように縫合する方法で治せます。


軽度の場合には、余分な皮膚と脂肪を切開して取り除く下眼瞼切開(かがんけんせっかい)で、たるみの度合いが大きいものに関しては、下眼瞼切開に目の周りの筋肉の吊り上げもプラスした下眼瞼除皺術(かがんけんじょすうじゅつ)や下眼瞼除皺術に、さらに眼窩脂肪の固定もプラスしたハムラ法で対応します。


他にも、表皮を傷つけることなく真皮層に直接働きかけられるアグネスという美肌マシンも登場しました。目の周りの薄い皮膚を傷つけることなく治療でき、切らずに治療できるということで人気を集めています。


このように加齢によってできたたるみも、きれいに治す方法がたくさんあります。年のせいだからなどと言ってあきらめる必要はないのです。


|施術のポイントは?


施術のポイントは?


美容クリニックで受ける目の下のたるみ取りですが、たるみの度合いと原因によって効果が出やすい治療方法が異なります。ですから、原因や症状に合った治療法を選ぶことが重要だと言えるでしょう。


例えば、目の下にくぼみを伴ったたるみができている場合には、注入で足りない成分を補うことで、たるみが解消されますが、何を注入するかによって、治療の回数も効果の持続期間も異なります。また、同じ施術でも、受ける美容クリニックによって、ヒアルロン酸や脂肪の品質が異なるため、仕上がりにも差が出ます。


また、経結膜下脱脂法で脂肪を取り除く場合には、脂肪も内側、中央、外側の3つの部分に分かれているため、バランスよく脂肪を取り除くことが大切です。経結膜下脱脂法でのたるみ取りは、きちんとバランスを考えて脂肪を除去しなければ、皮膚の表面に凹凸ができ、新たな悩みの種になってしまうからです。


切開を伴う施術の場合には、使用する器具や薬剤、ドクターの技術力などによっても差が出ます。もちろん、プレミアムPRP皮膚再生療法やアグネスなど最新の治療を受けたい場合には、受けられる美容クリニックが限られるため、どこで治療を受けるかがポイントです。


|目の下のたるみ取りは生活改善も重要


目の下のたるみ取りは生活改善も重要


経結膜下脱脂法などで、目の下にできた加齢によるたるみ取りをする場合でも、たるみの防止策として、生活を見直して改善することが大事です。


紫外線を避け、コラーゲンやエラスチンを含んだ栄養バランスの良い食事をとり、十分な睡眠をとることで、施術の効果を長持ちさせ、新たなたるみができるのを防ぐことができるでしょう。


聖心美容クリニックの目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂施術一覧へ