若返り・アンチエイジングの美容コラム

美容コラム

メイクで隠せないたるみは、治療で改善する!

若返り・アンチエイジング
メイクで隠せないたるみは、治療で改善する!
  1. メイクでたるみを隠すのは難しい
  2. たるみ治療の種類について
  3. たるみの手軽な治療法
  4. 美容クリニックでたるみを改善しよう

肌のたるみは、実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。気になるたるみを改善するために、リフトアップ効果の高いスキンケアやマッサージを取り入れている方も多いのではないでしょうか。
セルフケアを色々試しても改善が難しい時は、美容外科でたるみ治療を受けるという選択肢もあります。


|メイクでたるみを隠すのは難しい


たるみが起こる主な原因は、肌の弾力の低下、表情筋の衰え、姿勢の悪さなどがあります。たるみ解消のセルフケアとしては、紫外線対策をしっかりと行い、保湿を重視したスキンケアを行うこと、エクササイズで顔の表情筋を鍛えること、バランスのとれた食事を心がけ、内側からケアをすることなどが挙げられます。
たるみが気になるときメイクで隠そうとする人もいらっしゃるかもしれませんが、メイクで隠すのは簡単ではありません。
特に、たるんだ皮膚の下にできる影が、よりたるみを強調してしまうのですが、これをコンシーラーで隠そうとしてもうまく隠せないのです。


また、肌のたるみが起こると毛穴も開いてきます。ファンデーションやコンシーラーで、たるんだ毛穴を目立たなくするのは時間がかかります。メイクで隠せないたるみを改善するためには、やはりたるみを根本的に解消することが最善の策です。セルフケアでの改善が難しい時は、美容クリニックでたるみ治療を受けることを考えてみましょう。


|たるみ治療の種類について


たるみ治療の種類について


美容クリニックにて受けられるたるみ治療には、いくつかの種類がありますので、治療を検討している方はその種類について知っておくと役立ちます。
まず、方法として切開する方法と切開しない方法の2種類から選ぶことが可能です。


切開する方法のリフトアップの場合、耳周辺をメスで切開して、表情筋の膜を引き上げ、余分な皮膚を取り除くことで、たるみを改善していきます。たるみの原因を根本から改善できるので、治療効果も長く持続します。
一方で切らないタイプのリフトアップは、針を使って皮膚に穴をあけ、そこから糸を埋め込み、皮膚を引き上げる方法です。


それ以外にもレーザーや光治療がありますが、これらにも複数の選択肢があります。
エステサロンでも導入されているフォトフェイシャルという機器ですが、肌に照射することで細胞に働きかけ、肌トラブル全般を改善していく効果が期待できます。ただ、こちらは比較的肌の浅い表皮層への照射のため、たるみというよりは、ハリ感やくすみ解消などに作用する治療です。
その他にもイントラジェンやサーミRFと呼ばれるマシン治療があり、肌の真皮層への照射でたるみを解消していきます。また、ヒアルロン酸、プラセンタといった成分を注射することで、たるみを改善する治療法もあります。


|たるみの手軽な治療法


たるみの手軽な治療法


たるみを早く改善したいけれど、切開をするような手術は不安だという方も多いでしょう。


手軽に治療を受けたい方におすすめなのが、ヒアルロン酸など、肌の保湿性を高める有効成分を使った注射治療です。肌の弾力が失われることで、たるみが発生している場合には、潤いを補うことで、たるみを軽減させることができます。いま、美容成分としてプラセンタが注目されていますが、プラセンタとは哺乳類の胎盤のことです。プラセンタを気になる部分に直接注射することで、肌の美容成分を生成している細胞を活性化させるのです。
その結果コラーゲンやエラスチンといった、肌にハリや弾力をもたらしてくれる成分が生成されますので、肌の弾力がよみがえり、たるみが改善できます。肌の潤いが不足すると弾力がなくなり、たるみが起こりますので、潤い効果の高い成分であるプラセンタを注射する治療が効果的に働くのです。


ヒアルロン酸は1グラムで6リットルもの水分を保持することができますので、気になる部分に注射することで、肌がふっくらとしてきます。
また、ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在する成分ですから、アレルギーなどのリスクも起こりにくいのです。ただしこれらの注射治療は、有効成分が身体に吸収されてしまうと元に戻ってしまうので、たるみが気になってきたら定期的に注射を打つ必要があります。


|美容クリニックでたるみを改善しよう


美容クリニックでたるみを改善しよう


美容クリニックで受けられる治療法には、いくつもの選択肢があります。どの方法を選ぶのかは人それぞれですが、よく美容外科の先生と相談して決めることが大切です。
美容外科に行くと、いきなり治療に入るのではなく、先生としっかり相談できるようにカウンセリングの時間が設けられています。その際に、たるみの状況を先生がチェックしてくれて、適切な治療法をいくつか紹介してくれるでしょう。治療法の中にはお金がかかる、切開をするなどのちょっと検討する時間が必要そうな方法もあるでしょう。


しかし、予算や手術のダウンタイムなど細かい希望をあわせて先生に伝えておけば、よりあなたにあった負担の軽い治療法を紹介してくれるはずです。それぞれの方法には、メリットもデメリットもあります。それをよく理解した上で、どの治療法が今の自分にとってベストなのかをよく考えて、結論を出すようにしましょう。


聖心美容クリニックの若返り・アンチエイジング施術一覧へ