体験談

体験談

憧れの二重にすることができて大満足です

二重術・目頭切開・涙袋 二重 20代 / 女性
施術内容
二重術(埋没法/マイクロメソッド+α)
20代
 / 女性

目が腫れぼったいのが悩みで、毎日二重のりを使用していました。二重のりがうまくいかず、化粧に時間がかかることも多かったです。
他院では切開が必要と言われ埋没法は諦めていましたが、聖心美容クリニックでは埋没法で二重ができると聞いてとてもうれしかったです。二重のシミュレーションをしていただいたので、仕上がりのイメージがつきました。
不安だったのは腫れがどれくらい出るか、ということ。友人にバレてしまうのではないかとドキドキしていました。麻酔の注射は正直少し痛かったですが、手術中は痛みがなく、あっという間に終わりました。
翌日の朝が一番腫れが強かったです。ただダウンタイムの説明は聞いていて、翌日仕事を休みにしていたので問題なく過ごすことができました。
憧れの二重にすることができて大満足です。周りにもバレずに過ごすことができました。
手術中も二重のラインを私に確認しながら進めてくださり、とても安心できました。

この患者様のように、二重用の接着剤で長年二重をつくってきた、という方は多くいらっしゃいます。ですが目もとの皮膚は薄く、たるみや炎症が出やすい部位です。医師の立場からおすすめはできません。
札幌院では、私自身が開発した「マイクロメソッド+α」という、限りなく腫れを抑えた埋没法を行っています。もちろん、戻りにくさにも考慮した手術を行っています。
学校やお仕事の関係上、腫れが心配、という方もまずはご相談ください。術直後の状態なども写真で見ていただき、ご説明しています。

前多 一彦 医師
札幌院 院長
前多 一彦 医師